ちょっとした覚書に。
by dipus
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
カテゴリ
全体
Zaurus
Emacs
Palm
Apple
Unix
OpenBSD
GR Digital
Book
Complaint
Private
WM
Zaurus(IPK)
Kinesis
HSDPA
NetWalker
iPhone
以前の記事
2010年 02月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
最新のトラックバック
[Emacs][Zaur..
from ひとりぶろぐ
[Zaurus]Ruby..
from ひとりぶろぐ
OpenSSH の初期設定
from Masaatoshi Ito..
PostgreSQL
from Pukiwiki Plus!..
PostgreSQL
from Pukiwiki Plus!..
Gmail Bookを手..
from 魚輪事務業務日記 SAKAN..
[Zaurus] Rub..
from ひとりぶろぐ
Zaurus Ruby/..
from ひとりぶろぐ
Zaurus X/Qt-..
from MobileMemo Web..
ウィルコムの新しいW-Z..
from 激安情報でお得に購入計画.COM
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Emacs( 67 )

elscreenをごにょごにょ

elscreen-tab-background-face, elscreen-tab-control-face, elscreen-tab-current-screen-face, elscreen-tab-other-screen-face を defface しているところに、追加で「ns」を突っ込む。「(type x w32 mac)」とあるところを「(type x w32 mac ns)」に。
Cocoa Emacsでおかしいって言われたので、一応メモ書き。

[PR]
by dipus | 2009-03-22 01:25 | Emacs

Cocoa Emacs 23.0.91

ここしばらくは pretest が続くと予想されるので、コンパイルするたびに Contents/Resources/share 以下に外部の elisp を入れ直すのはめんどくさいってことで、コンパイルオプションは下記の通り。
LANG=C CFLAGS='-pipe -O3' ../emacs/configure --with-ns --without-x --prefix=/usr/local --disable-ns-self-contained && make bootstrap
あとは、MacOS/bin 以下のバイナリに /usr/local/bin からシンボリックリンクを張ってしまえば、ごく普通に使える。/Application/Emacs.app/Contents/MacOS/bin に PATH を通すのもありだろうけど、無駄に長い PATH になるのは嫌なので、それはパス。
emacsclient --tty が使えるのがとっても嬉しい(ろくに設定してないけど)。

[PR]
by dipus | 2009-02-27 09:51 | Emacs

Cocoa Emacs (23.0.90)

忙しさにかまけて放置していた Cocoa Emacs ですが、23.0.90 と pretest も始まったこともあって、重い腰を上げてメイン環境を移行させてみました。現状で大きな問題になっているのは egg-remix。あとは、ネットワーク周りで navi2ch や riece がちょっとおかしい感じ。
ざっと移行させただけなので、細かく触ってません。
ちなみに、バージョン表記は「GNU Emacs 23.0.90.1 (i386-apple-darwin9.6.0, NS apple-appkit-949.43)」。
Linux Zaurusのパッケージも、そろそろ移行させます。
追記:
rieceがおかしかったのは、23.0.91で直ったっぽい。
[PR]
by dipus | 2009-02-26 05:21 | Emacs

Cocoa Emacs on Leopard

Cocoa Emacs はフォント回りさえクリアできれば、そこそこ常用環境として使えそうな雰囲気。あとはどれだけステーブルかってのが問題かな。
self-contained がデフォルトなのが、ちょっと辛いんですが・・・。23.0.60 に環境を揃えることが出来たら、Linux も Solaris も OS X も全部一緒に出来て楽が出来るんだけどな。
追記:
試しに1時間ほど普段の作業に使ったら、さくさくと落ちやがる(苦笑)。まだ駄目っぽい。
[PR]
by dipus | 2008-09-27 02:37 | Emacs

Cocoa/GNUstep port cheked into CVS trunk?

まだ試してないけど、CVS trunk に cocoa port がマージされた模様。これで、使っている Emacs のバージョンを気にしなくてもよくなるのかな?
[PR]
by dipus | 2008-07-16 04:27 | Emacs

弱気なぼくら

「浮気なぼくら」じゃなく、弱気なEmacs使い。

メイントランクでunicode mergeの結果として、諸々が破綻してしまったため、とりあえず、cvs up -r 'before-unicode-merge-to-trunk' しちゃうのは致し方ないです。白井さんでさえ、「弱気に」と言うぐらいだし。^^;

もっとも、現在のメイン環境は仕事の関係で、Mac となっているため、既に Trunk ではなく、EMACS_22_BASE の 22.1.90 だったりするので、既に弱気も弱気ってことなんで、いいかなーと(もちろん、Linux メインの環境では 23.0.50 ですが)。
少なくとも Mew と egg がちゃんと動かないことには、メイン環境として使うのは無理。

そういや、「弱気なぼくら」ってアルバムもあったなー。

[PR]
by dipus | 2008-02-13 07:32 | Emacs

set-frame-name

Carbon な Emacs 上で (set-frame-name hoge) とやると、エラーが帰ってきてたんで、エラーも帰らず無反応だったんで、ちょっと不便だなぁーと思っていたら、2007-06-14 の CVS Head で使えるようになってた。ちょっと嬉しい。
elscreen のスクリーンをタイトルバーに書き出しておきたかっただけなんだけど。ちなみに -nw な時だとモードラインに反映されるけど、相変わらず日本語だと化けちゃう。

[PR]
by dipus | 2007-06-15 00:08 | Emacs

Emacs 22.1

Stable release として、Emacs 22.1 が 6/2 にリリースされてます。21.4 からの変更点は、NEWS.22.1 参照(インストールして M-x view-emacs-news したほうが手っ取り早くて読みやすいかも)。
Linux Zaurus 用のパッケージは要望メールが届いたので、明日にでも作ります。個人的には 22.1.50 のまま行っちゃいますが。

[PR]
by dipus | 2007-06-04 03:03 | Emacs

Emacs 22.1

4/16 に最終プリテスト版リリースの後、特に問題がなければ、4/23 に Emacs 22.1 がリリースされる模様
ようやくリリースといった印象。CVS Head のバージョンが 21.3.50 から突然 22.0.50 になったのが、SL-C3000対応の Linux Zaurus 本の脱稿(というよりも下版)直前。おかげで無理矢理コラムを突っ込む羽目になったのでよく覚えてます(編集者やら印刷所やら方々に迷惑をお掛けしました)。それも2年以上前の話(確か2005年2月)。ほんとようやくリリースって感じです。

[PR]
by dipus | 2007-04-10 00:30 | Emacs

Lookup with Hyper Estraier

新しいマシンとしてやってきた mac mini で Emacs を使っていると、がんがんスワップしちゃいます(1GBしかメモリが載ってない)。こりゃ少しはダイエットしなきゃと思って、プロセスをみると、eblook がわさわさと立ち上がってました。
原稿(論文はもちろん書籍なども)を Emacs で書いているときに必ず世話になる、辞書引きの Lookup から起動しているプロセスなんで、なくなると非常に困ります。あれ?と思ったときに検索する程度のライトな使い方ですが、登録している辞書数が20個以上あるので、その数だけ eblook が立ち上がっているわけです。そりゃメモリが必要になります。

そういや、伊藤さんの Lookupにndeb エージェントの拡張で ndebs があったなーと思い出して、入れ替えたところ、かなり幸せになれました(おかげでeblookのプロセスは一つだけになりました)。
思い出したのは、そういや白井さんが Meadow を使うときのプロセス数がどうたらこうたらというを書いてたなーと記憶が、うっすらと残っていたからです。
ついでに、伊藤さんの Lookup の履歴をみていたら、いつのまにか ndest エージェントなんていうのが入ってるっぽい。Hyper Estraier のインデックスに対して検索を掛けてくれるという優れ物。おー、とても良さそうなんで早速試してみたいけど、、、時間がありません。lookup-search-agents に (ndest "~/Mail/casket") のように追加すると、メールの検索インデックスを追加すると、メールアーカイブに対しても検索してくれます。これは結構いいかも。
2007/03/14以降のLookup+mediaじゃないと使えません。

[PR]
by dipus | 2007-04-06 07:16 | Emacs