ちょっとした覚書に。
by dipus
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
カテゴリ
全体
Zaurus
Emacs
Palm
Apple
Unix
OpenBSD
GR Digital
Book
Complaint
Private
WM
Zaurus(IPK)
Kinesis
HSDPA
NetWalker
iPhone
以前の記事
2010年 02月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
最新のトラックバック
[Emacs][Zaur..
from ひとりぶろぐ
[Zaurus]Ruby..
from ひとりぶろぐ
OpenSSH の初期設定
from Masaatoshi Ito..
PostgreSQL
from Pukiwiki Plus!..
PostgreSQL
from Pukiwiki Plus!..
Gmail Bookを手..
from 魚輪事務業務日記 SAKAN..
[Zaurus] Rub..
from ひとりぶろぐ
Zaurus Ruby/..
from ひとりぶろぐ
Zaurus X/Qt-..
from MobileMemo Web..
ウィルコムの新しいW-Z..
from 激安情報でお得に購入計画.COM
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Emacs 22.0.93

CVS Head が 22.0.93 になったので、X11 版及びターミナル版それぞれ、パッケージにしています。また、Emacs のパッケージに合わせて、バージョン依存の apel などもまとめてパッケージングしなおしています。なお、前回と同様に ipkg update && ipkg upgrade している方は注意が必要です。
やっぱり、ちゃんとしたアップデートツールを用意した方がいいのかな。

[PR]
by dipus | 2007-01-26 02:16 | Zaurus(IPK)

Messages for Hyper Estraier(Mew)

Mew の中から 'kM' で Hyper Estraier のインデックスを更新させていて、気づいたことだけど、
Hyper Estraier indexing ...done
というメッセージが二回出てくる。あれ?と思って mew-search.el の中の mew-est-index-filter の中を覗くと、インデックスを purge したときも間違って、「Indexing new messages ...done」が出ちゃってる。そういや、インデックス作成終わったと思って、検索しても返事が帰ってこないことがあったなー。

Linux Zaurus の Mew ではかなり前から Hyper Estraier を使っていたけど、寝る前にインデックスを作っていたために気づかなかった(デスクトップでは openSUSE 10.2 に変更してから)。
Emacs CVS Head 2006-01-19のパッケージ、anthy-8520 のパッケージも置きました。

[PR]
by dipus | 2007-01-21 01:58 | Unix

老眼向け?な japanese-egg-(wnn|anthy)

inline 表示+α な menudiag.el

白井さんが面白いものを作ってくれたので、egg(Tamago)のパッケージに取り込んでおきました。ターミナルで使う人にはあまり面白みはありませんが、X/Qt でちっちゃいフォントを使っている人には、かなり効果的。
暇なときにキャプチャを用意します。

[PR]
by dipus | 2007-01-19 00:39 | Zaurus(IPK)

anthy-8514/8517

anthy-8514 がリリースされています。
個人辞書のデータ構造が試験的に変更されています。安定版ではないので、自分で対処できる方のみどうぞ。

追記(2006-01-18)
引き続き anthy-8517 が公開されたので、パッケージにしました。
詳細に関しては、[anthy-dev 3314][anthy-dev 3315]を参照してください。

[PR]
by dipus | 2007-01-15 11:05 | Zaurus(IPK)

Wnn8 on openSUSE 10.2

メイン環境を openSUSE 10.2 に移し、延ばし延ばしにしてた Wnn8 のインストールも終り、これで今まで通りと思っていたら、ふと Emacs の中から japanese-egg-wnn を使って単語登録しようとしたら、「Arithmetic error」といわれてこける。
最初に、白井さん謹製の menudiag を疑ってしまいました。ごめんなさい。(_ _)
backtrace を白井さんに送って相談してみると、Wnn のユーザー辞書ができてないんじゃない?って話で、そういや、新しい環境で使うときに必ず聞かれる「頻度辞書つくる?」もなかったなーと確認してみると、ユーザー辞書や頻度辞書もできてなかった。あちゃーと思いながらも、egg で作成できないんだから、こりゃ代替手段ってことで、急遽 SuSE Linux 9.3 に付いてきた Wnn8 のディスクを引っ張り出して、iiimf を一時的にインストールしようとしたら、そりゃ依存関係でインストール不可(そりゃそうだ)。
本当は、jserver を直接たたいて頻度辞書やユーザー辞書をつくることができるはずなんだけど、ちょっと急いでいたので、そこまで気が回らず。時間があるときに、API を読んでおくべき。
仕方ないので、X のフロントエンドに scim-wnn があったよなーと、これの最終版 1.0.0 を突っ込む方針に変更。openSUSE 向けの RPM を探してみたけどない。仕方ないので、必要な wnn-sdk7 を RPM でいれて、SuSE Linux 9.3 用が転がっていた scim-wnn 0.23 をベースにちょこちょこと書き換えて RPM を作成してインストール。

デフォルトでは、Wnn7 向けの設定になっているので、scim-setup を起動して、wnnenvrc の場所やプロトコルを変更して再起動すると、X 上でも Wnn8 が利用できるように。wnndicutils を起動して個人辞書ができていることを確認して完了。

Emacs の中でも japanese-egg-wnn で、無事に M-x egg-toroku-region も動くようになって、ほっと一安心。
ブラウザの中で漢字変換することはほとんどないし、長文を入力することもないので、scim-anthy 辺りで間に合ってたけど、やはり Wnn8 が使えると楽。

(追記)
だけど、結構落ちることがある。いつのまにか変換できなくなるので???状態。

[PR]
by dipus | 2007-01-13 15:54 | Unix

見本誌発送の遅れ

この件でお世話になった方々に見本誌の発送を頼んでいたのですが、某出版社の担当者が倒れてしまったために、残念ながら、年を越してしまいました。本当は刊行日前の12/20前後に届くように手配していたのですが。楽しみにされてた方には大変ご迷惑をお掛けしました。(_ _)

担当者から、金曜日(1/12)に発送との連絡が来ましたので、今度の週末、遅くとも来週始めにはお手元に届くと思います。ご笑納ください。

a0011976_2164211.jpg

[PR]
by dipus | 2007-01-11 02:27 | WM

お誘いがきた

1/22 に帝国ホテルに来てくれって話だけど、(ウィルコムから)どんな新製品がでるんだろ?
[PR]
by dipus | 2007-01-10 17:41 | WM

明けまして openSUSE 10.2

暇がなくて、場当たり的にパッケージを野良ビルドしたり、/usr/local に最新を突っ込んでいた SuSE Linux 9.3 がさすがに破綻してきたので、正月休みを利用して openSUSE に変更してみました。 $HOME なパーティションはそのままマウントしたので、特にこれといった違いはないけど、3D ぐりぐりな環境は結構面白いです。
ただし、一部のパッケージ(compfaceやstunnelなど)がなかったり、コンパイルポリシーが気にくわないものに結構遭遇するので、しょっぱなから野良パッケージの作成にいそしんでます(苦笑)。
Emacs や TeX 関連はソースからインストールするので、パッケージは使ってません。それにしても、Emacs のフォント設定はめんどくさい。。。
ちなみに、追加したリポジトリは、Additional YaST Package Repositoriesから、必要になりそうなものを適宜突っ込みました。
[PR]
by dipus | 2007-01-08 19:02 | Unix

GnuPG svn 4397

2007-01-05 Werner Koch
  * certchain.c (unknown_criticals): Add subjectAltName.
[PR]
by dipus | 2007-01-07 00:21 | Unix